名古屋の昭和区、瑞穂区を中心として活動をしている空手教室です。
幼児から大人まで幅広く修練に励んでいます。
空手を通じて心・技・体を鍛えると共に、礼節、忍耐、向上心や社会性を学び、”人”としての成長を志します。

◆あたりまえ10か条

  1. 明るい挨拶
  2. ありがとうを言う
  3. ごめんなさいを言う
  4. 人のものには手を出さない
  5. 使ったものは元へ戻し片付けをする
  6. ルールを守りズルをしない
  7. 人を叩かない
  8. 人の迷惑になることはしない
  9. バランスよくしっかり食べる
  10. よく遊びよく学びよく寝る

◆道場訓

一つ、礼儀を重んずること

一つ、努力の精神を養うこと

一つ、人格形成に努めること

一つ、術より人の道を探求すること

一つ、空手に先手なし

塾長挨拶

はじめまして。観空塾 塾長の遠藤観です。
大学では社会福祉を学び、現在は名古屋市昭和区・瑞穂区で空手教室を開いております。
子供から大人まで世代を超えた空手道の指導を10年以上続け、子供たちの心身を鍛え道徳観を身につけさせると共に、野外学習など様々なイベントを企画して社会生活に必要な知恵・創意工夫も身につけていけるよう努めています。
また、世代を超えた交流の機会も多く生まれ、高いコミュニケーション能力を養うことにも繋がっています。
空手教室での活動は、今日までに多くの保護者の方々にご賛同を頂き、初めは少なかった生徒も、今では多くの生徒が集う教室となりました。
空手道を通じた心身の成長、道徳観ある人格の形成、地域の人々との交流から育むコミュニケーション能力の向上といったところをサポートしていきたいと考えています。
お子様が社会に羽ばたいて、力いっぱい活躍できることを心から願っております。

観空塾 塾長 遠藤観